サイトメニュー

放置してはいけない症状

カウンセリング 就活中に強い不安感や気分の落ち込みが続いたら、就活うつの可能性があります。一時的なうつ状態とはいえ放置すれば、うつ病になる可能性があるので注意が必要です。できるだけ早い段階から専門医による診察を受けておけば、未然に防ぐことが可能です。

詳しく見る

メンタルケア方法

看護師 就活の最中にうつ病になってしまった場合は、なってしまった原因を探ることが大切です。完璧主義や自己肯定感が影響している場合があるので、心構えから変えていきましょう。心の持ちようと、健康的な生活で殆どのうつ病は改善されます。

詳しく見る

適切な精神病対策

悩む男性 就活では面接などを受けますが精神的な負担が大きく、それが原因でうつ病になってしまう人もいます。精神病になると就職活動をするのが難しくなるので、自分で簡易テストをするなどして問題が起こらないように対応するべきです。

詳しく見る

心のバランスを

看護師

原因と対処法

就活をしていると、人によってはうつ症状が出てしまうということも決して珍しいわけではありません。人によってもその症状は違いますが、例えばなんとなく憂鬱だということもあれば、気分がどうしても落ち込んでしまうということもあります。もちろん気分の浮き沈みは珍しいものではありませんが、こうした憂鬱な気分の状態が1日中絶え間なく、さらに2週間以上続くとうつ病と判断されます。うつ病の原因となるものは色々とありますが、その一つが就職活動で、就職活動が原因となっているうつ病を就活うつと呼びます。ただ、就活をすれば全ての人がうつ症状を訴えてくるわけではなく、発症する人もいれば発症しない人もいます。ではどのような特徴があるかというと、本人の性格が完璧主義者の場合屋、真面目な性格、さらに周囲の評価を気にするタイプなどが発症しやすいタイプといえます。また就職活動自体はすぐに終わるのではなくある程度の期間継続するので、なれない環境によってストレスをかなり感じてしまうこともあり得ます。もちろん活動がうまくいくとは限らず、内定をもらうことができなくて自分のことを責めてしまうということも少なくありません。さらに就活をする上では自己分析がとても重要になりますが、その際、色々なことを考えすぎて自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。つまり、就職活動に関係するつまずき、ストレス、自己嫌悪などが、就活うつを発症してしまう原因だということができます。就職活動によってうつ病を発症してしまう時だけでなく、うつ病自体甘えだと言われてしまうことも少なくありません。しかし実際にはこのような原因がきっかけで発症してしまうということを理解しておくと良いでしょう。
就職活動がなかなかうまくいかないなど、色々な原因によって発症してしまう可能性のある就活うつですが放置しておくことは決して得策ではありません。実際に気になる症状がある時は、出来るだけ専門機関に相談をして適切な処置を受けることが重要となってきます。その一つの方法としてカウンセリングはとても有効であり、さらに気軽に受けられるというメリットも存在しています。カウンセリングを受ける際は、まずはどこで相談をするかということを決め、さらに予約をとらなければなりません。また、カウンセリングの前に色々と準備しておかなければならないと心配になるかもしれませんが、基本的には必須のものはありません。しかし、診断によって投薬治療をするときに必要な情報となるので、もし薬をすでに服用している場合は、薬の処方がわかるものを用意しておきます。また他の病院に行って診断を受けたりしたものがあれば、その書類なども持参するとカウンセリングの参考として利用できます。さらに実際に色々なうつ病の症状が気になったとしても、なかなかその場になると話ができないということも少なくありません。したがって、気になる症状や相談したいことなどを前もってメモなどに書いたものを用意しておくことも重要です。当日なかなか話をすることができなくなってしまったとしても、メモを渡せばある就活鬱で困っていることに対して程度のことをカウンセラーに伝えられるからです。ただ、うつ病のカウンセリングのために絶対にメモがなければならないというわけではないので、用意できたらしておく方が無難だと理解しておくと良いでしょう。