サイトメニュー

メンタルケア方法

看護師

落ち込んでいる時のメンタル回復法

就活でなかなか思うようにいかなくて、うつ病になってしまうなんてことはよくありますよね。最近の若者は打たれ弱かったり、根性がなくてすぐに挫折してしまう傾向があったりもします。そんな時のアドバイスに、よく「やる気を出せ」や「ポジティブに考えよう」と漠然とした精神論ばかりが目立ちますよね。それができているなら、うつ病になんてなってないと言いたいですよね。気分が落ちて心が折れそうになったときは、なぜそうなっているのか1度分析してみるのもいいかもしれません。例えば、最初にイメージしている就活の理想が高いなんてことはないでしょうか。すべてスムーズに上手くいくなんてことは滅多にありません。失敗するのが当然なんです。なので最初の前提を低く考えてみるといいかもしれません。そうすると、上手くいかないことが当たり前になるので、一々落ち込むこともなくなります。面接も数を打つことが前提になるので、緊張感もやわらぎ気が楽になりますよ。その他には周りの人と比較してしまっているなんてことはないでしょうか。たまたま友達が上手くいっていたりすると、焦りがでてきて心理的負担も大きくなってしまいます。多くの人は上手くいっている人ばかりに目がいきがちですが、比較してしまうと「自分はダメなんだ」という思考に陥り、自己肯定感が下がってしまいます。そうなると、ストレスが溜まり余計にプレッシャーがかかります。内省してみて、もし無意識に上手くいっている人と比較してしまっているかもしれないと自覚したら、逆に上手くいってない人に目を向けましょう。就活に取り組んでいる時点で素晴らしいことです。うつ病になるほど頑張ってきた自分を認めてあげることも大切です。
うつ病はなかなか周りの人の理解が得られない場合が多いです。特に就活の時期は大事な時期なので、治療しに行く余裕はなかなかないですよね。なので、精神病に通う前にすぐに実践できる治療から始めてみましょう。まずは自分の生活習慣を見てみてください。規則正しい生活を送れていますでしょうか。生活リズムが悪いとうつ病になる確率が上がります。もし生活リズムが不規則だと感じるならば、まずはそこから改善していきましょう。その中でも睡眠は特に大切です。睡眠時間が足りていないと、疲労が蓄積していき脳の機能も低下してきます。決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。そして8時間睡眠を徹底しましょう。寝ると頭の中は整理されるので、心も体も休まります。その次に、栄養です。昨今は食品添加物ばかりが溢れて、現代人は満足に栄養が摂取できていません。特に野菜不足が目立ちます。もしうつ病の影響で食欲が沸かない場合でも、できるだけ野菜だけは摂りましょう。ビタミンが足りてないとうつ病を発症したりするので、栄養はとても重要です。あと有名な治療としては、瞑想が挙げられます。深く呼吸して、できるだけ何も考えずにぼーっとする時間って意外と必要です。不安や焦りで心が疲弊しきっているときに、ぼーっとすると幾分か精神が安らぎます。最後に、運動です。現代人は運動不足が目立ちます。就活中であれば動き回ることが多いので、運動には問題ないかもしれません。もし不眠症になっていて、思うように寝られない場合なんかは1度疲れきるまで運動してみてください。肉体的疲労が溜まっていると眠りに入りやすくなります。以上の治療で大体のうつ病は改善されます。